PR

岐阜住宅の相談窓口おすすめ6選

  • 岐阜で注文住宅を建てる時に後悔した失敗事例

  • 2024/01/31

注文住宅の失敗事例

家を建てる際、みなさんは何を重視しますか?多くの方が間取りや収納、デザインなどを意識しがちですが、それだけでは残念ながら失敗してしまいます。実際、住みはじめてから不便に感じる事例は少なくないでしょう。

そこで今回は、岐阜で注文住宅を建てるときに後悔した失敗事例をまとめてみました。失敗しないためのアドバイスも紹介していますので、マイホーム検討している方はぜひ参考にしてみてください。

実はとても重要になる収納の設計・生活動線

部屋を選ぶときはもちろんのこと、家を建てるときも収納は重視したいものです。賃貸は収納が限られていますが、注文住宅は自分で収納を考えられるので、完成後に失敗しないためにしっかり設計しなければいけません。

また間取りやデザインにばかり気をとられて、生活動線を意識しないのも危険でしょう。ここでは、収納&生活動線の失敗事例について紹介します。

ただ収納があればよいわけではない

収納が少ないとデメリットになりますが、一方で収納の設計を間違えてもデメリットになってしまいます。とくに多いのが、ウォークインクローゼットの先に書斎を作ってしまったり、パントリーの奥行を長くしてしまったり、階段収納の広さを誤るなどが挙げられます。

クローゼットと書斎の動線は収納場所から書斎に行くため、収納量は限られてしまいます。収納はモノをしまう場所なので、通路の確保と重なるとせっかくの収納が台無しになります。

パントリーの奥行も、ただ長ければよいわけではありません。たしかに収納力は上がりますが、奥にしまうと取り出しにくかったり、賞味期限が切れてしまったりなどデメリットになってしまいます。

階段収納は、毎日使うものがしまえる広さを確保するとよいでしょう。小窓や照明を設置しておくと探しやすくなります。

やみくもに収納スペースを作らない

収納スペースは、多ければメリットになるわけではありません。そのため、やみくもに収納スペースを作ってしまうと失敗してしまう恐れがあります。

せっかくの収納場所がマイナスになってしまわないように、生活をイメージしながら設計するのがおすすめです。使用頻度や動きやすさも重要になるでしょう。

隠す収納と死角を活かす収納

収納設計を誤ってしまうと、まとまりがなく散らかった印象になってしまいます。

部屋に合わせて、隠す収納と死角を活かす収納を取り入れることもポイントです。とくにリビングのように人が集まる場所は、見せる収納も取り入れてみるとよいでしょう。

たとえばテレビ周りなら、壁面収納が効果的です。壁に収まっているので圧迫感もなく、すっきりとした印象になります。扉を設置して隠す収納にすればコンセント類や書類なども邪魔になりませんし、本棚や飾り棚にして本やインテリアで彩るのもおすすめです。

広さだけじゃない!不便な間取り

間取りは、バランスを間違えると失敗してしまいます。「広い部屋なのに住みにくい」「広いだけで生活動線が悪い」「家具を考慮せずに建ててしまった」など、さまざまな失敗事例があります。狭くても、賢く間取りを使用できていれば失敗することはありません。

ここでは、広さだけで選んでしまった場合に起こる失敗と対策について紹介します。

スペースの優先順位を無視する

広くても狭くても不便になりやすいのが間取りです。部屋には優先順位があるため、家を建てる前に用途と広さをしっかり考える必要があります。ここを無視してしまうと、使いにくく使用頻度が減ってしまう恐れがあり「気づけば収納部屋になっていた」なんてことになりかねません。

たとえば和室を設置する場合、狭すぎるとマイナスになってしまいます。とくに来客が多い方は、5畳以上はあったほうが便利でしょう。

あるハウスメーカーの調査によると、ほとんどの方がLD15畳・キッチン5畳が理想的と答えています。「どのくらいの広さにしたらいいかわからない」という方は、これをベースに考えてみてはいかがでしょうか。

開放的なリビングで通行人から目に入りやすい

意外にも失敗が多いといわれているのが「視線」です。なかでもリビングからの通行人の視線が気になる方が多く、開放的なリビングにしたものの、外観に目がいきやすいため「居心地が悪い」と感じる方は少なくありません。

広々としたリビングはとても魅力的ですが、周辺環境のことも意識して設計しないと失敗してしまいます。

もし道路側にリビングを作るなら、通りに面していない場所や外からの目線が気にならない高さに窓を設置するなど工夫してみるとよいでしょう。吹き抜けを検討している方は、斜めの視線にも要注意です。

ほかにも、玄関から見える位置に作らないことやリビングからトイレに直接行ける間取りにしないなども挙げられます。人通りが少ない場所でも、来客からすぐに目に入る位置にリビングを作るのはあまりおすすめしません。

家具のことを考えずに設計

家具のことを考慮した設計にすることも大切です。広さだけで設計してしまい「ベッドや家具が置けなかった」と嘆いている方は決して少なくありません。

一番避けなければいけないのは「目分量による配分」です。たとえば寝室の場合、寝るだけのことしか考えていないと、ベッドだけで部屋が狭くなってしまう恐れがあります。「7畳くらいで十分」ではなく、テレビや棚の配置も考慮しながらサイズもしっかり測っておきましょう。

治安やアクセスなどの住環境も大切

安心安全に生活をするには、治安やアクセスなどの住環境も重要です。どんなに魅力的なマイホームでも、近所で事件が多かったり、駅までの距離が長かったりするとマイナスになってしまいます。

ここでは、住環境を無視した失敗事例や対策を紹介します。

犯罪や交通事故のリスクが高い

土地を購入する場合、周辺の犯罪や交通事故のリスクも調べておく必要があります。

岐阜は、北方町・瑞穂市・大垣市の3つのエリアが人気です。なかでも北方町は2年連続「住みここちがよいエリア」として選ばれており、土地区画整備によって住環境も整っています。さらに岐阜市や名古屋市へのアクセスも容易ですから、交通の便もよいでしょう。

それ以外のエリアでも、街灯が多いところや近隣パトロ-ルがあるところは安心です。車通りが多い場所は犯罪のリスクは少ないですが、交通事故の危険性が高くなります。また外から室内が見られやすいというデメリットもありますから、間取りも工夫してみてください。

住民の交通マナーの意識が高いことも大切です。

最寄り駅は繫華街が多い?

岐阜には、多治見や岐南など繁華街が多いエリアがあります。普段利用する最寄り駅がそういったエリアの場合、治安も確認しておかなければいけません。

繁華街が多い=危険ではなく、トラブルが多い繁華街であれば当然危険です。酔客に巻き込まれるリスクもありますから、新しく土地を探している方は考慮して選ぶようにしましょう。

ちなみに、瑞穂市は岐阜市のベッドタウンにもなっており、大学も多く存在します。スーパーや量販店など、生活に必要な環境も整っていますから、注文住宅を建てるには最適です。

とにかく交通の便が悪い

意外と見落としやすいのが交通利便性です。

どんなに魅力的な物件でも、駅までの距離が遠いと不便ですし、電車の本数が少なかったり都市部への移動に時間がかかったりしてしまうと、住環境は悪くなってしまいます。

自然が多い田舎暮らしに憧れる方もいると思いますが、徒歩圏内に生活施設がないとやはり大変です。とくに注文住宅のように生涯同じ場所で住み続けることを考えると、交通利便性の高さは大きなポイントになるでしょう。

まとめ

岐阜で注文住宅を建てる際の失敗事例と対策方法について紹介しました。「憧れのマイホーム!」と思っていたら、完成していざ住んでみると、住み心地が悪い・収納場所を間違えてしまった・周辺の治安がよくないといった欠点が目立つ場合があります。

とくに土地購入からはじめる場合は、性能やデザインだけでなく、周辺環境も考慮しなければいけません。

今回はよくある失敗事例を挙げましたが、あくまで目安です。家族と細かいところまでしっかり調べながら、納得のいくマイホームを建てましょう。

エリア別おすすめの住宅展示場3選