PR

岐阜住宅の相談窓口おすすめ6選

  • 家の建て替えっていくらかかるの?詳しく解説!

  • 2023/08/15 2023/08/08

家の建て替えを検討しているものの、いくらかかるか分からず躊躇している方も多いはずです。当然ながら、安く済むものではありません。そこでこの記事では、家の建て替え費用の相場を中心にお伝えします。家の建て替えの流れおよび建て替えにかかる3つの費用についても解説するので、ぜひじっくり読んでみてください。

家の建て替え費用の相場は?

まずは家の建て替えの費用相場ですが、国土交通省の令和3年度住宅市場動向調査報告書(2.4資金調達に関する事項)によると全国平均で3,299万円であることが明らかにされました。リフォームと比較するとかなり高額であり、基本的に住宅ローンを活用して建て替えることになるでしょう。では、もう少し家の建て替え費用の相場を詳しくみていきましょう。

坪数ごとの建て替え費用

当然ながら、家の建て替え費用は坪数ごとに異なります。20坪程度であれば1,500万円から2,500万円が相場とされ、30坪程度だと3,000円前後、40坪程度になると3,500万円から4,500万円程度とされています。

その他の建て替え費用に影響を与える項目とは

業者によって建て替え費用は大きく異なります。したがって、複数社に見積もりを取ることも大事になってくるでしょう。また設備のグレードによっても価格が変わってくるので、どの程度のグレードの設備を利用するか前もって考えておく必要もあります。

家を建て替えて両親と一緒に住網としている方も少なくありません。その場合で、完全分離型の二世帯住宅を選択すると、お風呂およびキッチンといった基本設備が2つずつになるので、そのぶん価格が上昇するのが一般的です。

解体費用

建て替えなので、家を解体する必要もあります。解体費用は坪数だけではなく家の構造によっても相場が変わってくるので事前に把握しておきたいところです。

まず木造であると30坪で100万円から150万円であり、80坪になると200万円から300万円が相場とされています。鉄骨造であると、30坪で150万円から200万円、80坪で300万円から350万円が相場です。RC造であると、30坪で180万円から300万円、80坪で500万円から800万円が相場とされています。

長期間?家の建て替えの流れ

建て替えの大体の費用がわかったところで、次に注目していきたいのが建て替えの流れです。期間についても触れながら解説していくので、是非チェックしていってください。

ハウスメーカーを探し設計プランを相談する

まず行うのが、ハウスメーカー探しです。ハウスメーカーによって対応できる部分とできない部分があるので、そのあたりも確認しながら見積もりなどを依頼していきましょう。

見積もりを依頼する場合は、値段だけにとらわれるのではなく、実績なども加味しながら適切なところを選ぶ必要があります。良いハウスメーカーが見つかったら設計プランを相談しましょう。ハウスメーカー探しと設計プランの相談にかかる期間は、2か月から3か月程度です。

工事請負契約から仮住まいへの引っ越し

良い設計プランが提案されたら工事請負契約へと進みます。その後住宅ローンを利用する場合は、ローンの申込みを実行し、そのうえで工事期間中の住まいである仮住まいを探していきます。

古い家の解体業者も探さなければなりません。解体業者への依頼が済み、仮住まいが見つかったら仮住まいへの引っ越しとなります。この工事請負契約から仮住まいまでの引っ越しには3か月から4か月程度かかるでしょう。

解体工事および地盤調査・改良工事

仮住まいへの引っ越しが済むと、古い家の解体工事が開始されます。解体工事自体はそれほど時間がかかるものではありません。解体工事が終了すると、地盤調査と改良工事がおこなわれます。解体工事および地盤調査・改良工事の期間は、1週間から1か月程度とされています。

新築工事から引き渡し

工事の準備が済むと新築工事が開始されます。工事が完了すると引き渡しおよび登記手続きがおこなわれます。新築工事から引き渡しまでの期間は4か月から6か月程度です。

建て替えにかかる3つの費用とは?

家の建て替えにかかる費用は、ここで紹介する3つに分けられます。

解体コスト

古い家を解体する費用がかかります。木造の場合は1坪あたり3万円から5万円程度、鉄骨道の場合は4万円から7万円程度、鉄筋コンクリート造の場合は5万円から10万円程度が相場です。

新しい家の建築コスト

家の建て替えなので、新しく家を建てるためのコストがかかります。家の構造や建材、さらにはハウスメーカーによってもコストは大きく異なるので、予算も含めて考える必要があるでしょう。一般的なお話をすると、鉄骨造や鉄筋コンクリート造のほうが木造よりも高いです。

諸費用

家を建て替えるには、印紙税や登録免許税、不動産取得税などの諸費用がかかります。他にも火災保険や地震保険、仮住まいの費用なども考えておく必要があります。

まとめ

家の建て替え費用について解説しました。家の建て替え費用は、国土交通省の令和3年度住宅市場動向調査報告書(2.4資金調達に関する事項)によると全国平均で3,299万円であることが明らかにされています。

ただ家の作りや設備によってコストが大きく変わってくるので、事前にどのような構造にするか、設備はどうするかなどを考えておく必要があるでしょう。

エリア別おすすめの住宅展示場3選